« ライヴ | トップページ | ご案内 »

2011年9月14日 (水)

また再び

兵庫県立芸術文化センターで、長谷川美穂子さんのピアノリサイタルを聴いてきました。

音大時代は、よくコンサートホールに通ったものです。

でも残念なことに、その頃は「勉強の為に聴かなくては」とか

「聴かされてる」といった気持ちでいました。

今は、「聴きたい」「良いものに触れたい」と願っているので、

吸収の仕方が全く違うことに、自分で驚きました。

今日何度、涙ぐんでしまったことか。

クラシックを聴いて、今までこんなことほとんどなかったなぁ・・・。

そしてもう一つ、私にとって大きな出来事がshine

大学時代の4年間、私を育ててくださった恩師に、会場で遭遇したんです。

「先生のようになりたい」と思い続けた憧れの存在。

あまりに久しぶりだったのと、感激で言葉が出ませんでした。

一つ山を越えたいと思っているとき、不思議な導きがあるものですね。

クラシックからは離れてしまいましたが、私の根底にあるものは、

やはり尊敬する先生の教えです。

だからこそ、今も歌を続けていられるのだと思っています。

恥ずかしくない歌を歌えるようになるため、これからも日々努力していきます。

初心に戻れた今日という日に感謝ですconfident

|

« ライヴ | トップページ | ご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライヴ | トップページ | ご案内 »